Crossroads Cafe

仕事の情報交換の場所にしてもらうクロスロード・カフェのページです。
メニューの中には、いろいろな視点で見かけた情報を載せるアングルのコーナも加える予定です。乞う御期待!

最近見かける話題

Webサービス

Webサービスとは、ネットワーク上、機能部品として利用できるサービスのスタイルを指す言葉のようです。 ひとつのサービス・システムを構築する際、作業担当者が、認証機能のサービスは○○に、小額金銭支払機能のサービスは××に、会計処理機能のサービスは△△にと、ベンダー側に分散配置されたサービス機能部品を指定する形で組合せて目的のシステムを作るスタイルを実現しようというのでしょう。 こう考えますと、アプリケーション・サービス・プロバイダで提供するサービスを、よりユーザが扱い易いよう、組合せ易い、機能別にモジュール化した部品として提供するサービスと言えるのでしょう。現在、Webサービスの要素技術として

などが検討されているようです。
たしかに、進む方向はそうなるだろうと多くの人が思っているものでしょう。しかし、実際に、それが使えるものになるかは、仕様の標準化とそのオープンな普及、通常の社会習慣や商習慣、法律上のコンセンサスが取れるか等が課題なんでしょうね。



ネットワーク上で協調動作をするP2P環境への流れ

帯域に余裕のあるネットワーク基盤が整ってきたことで、それを背景とし、分散処理を可能にするP2P(peer to peer)環境における処理が注目されだしています。 Sun Microsystems, Incが、提供を始めたJXTAも、そんなP2P接続をした様々な機器による協調動作を支援するソフトウェア・プラットフォームのようです。 情報検索や分散処理を効率的に行うということが出来るというNTT未来ねっと研究所の開発した通信技術、SIONetも、P2P接続環境を対象としているようです。 確かに、これら仕組みは当然の方向に向かっているように思えますが、ですが、何に使うか、そちらの方で、多くに興味を持たれる提案が出て来ないと、これも、宝の持ち腐れになってしまいます。

Ref.


HOME

abe INDUSTRY
Last modified: Mon Aug 23 18:35:35 JST 2004